選定療養について

多焦点(老視矯正)眼内レンズ挿入術における眼鏡装用率の軽減効果が広く認められたため,多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は,令和2年4月より厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。
先進医療と異なり一部健康保険が適応となるため,患者様の自己負担額が軽減されます。
当院は選定療養を行う医療機関として届出をしています。多焦点眼内レンズの対象となる患者様には診察時に詳細をご説明致します。


医療保険で「先進医療特約」に加入している方へ

当院は厚労省認定の先進医療機関ですが,先進医療制度を用いての多焦点眼内レンズ手術は令和2年3月で終了となりました。
詳細は加入している生命保険会社にお問い合わせ頂き,給付の対象範囲や契約内容をご確認下さい。

採用に関するお問い合わせはこちら

029-886-9897

診療のご予約メールでのお問い合わせ

このページのトップへ
Copyright © 2020 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.