感染性結膜炎

感染性結膜炎とは、細菌やウイルスの感染によって引き起こされる結膜炎のことです。結膜とは上下まぶたの裏側、および白目の表面を覆っている半透明の膜のことを指しますが、この結膜に炎症が起こるのが結膜炎です。アレルギー性の結膜炎と並んで、多くの症例が見られる結膜炎です。症状としては、結膜が充血して何もしていないのに涙が出たり、目やにが出やすくなったり、ゴロゴロした目の痛みなどを引き起こします。目の症状だけでなく、発熱などの風に似た症状が出る場合もあります。

感染性結膜炎は大きく分けて二つに分類することができます。

(1)ウイルス性結膜炎
原因菌はアデノウイルスやエンテロウイルス。主に人から人へと感染し、威力も強大で集団感染の原因にもなります。古くから「はやり目」や「プール熱」と呼ばれるものもウイルスによる結膜炎です。

(2)細菌性結膜炎
原因菌はインフルエンザ菌や肺炎球菌。感染力は弱いものの、目の怪我や体の抵抗力が弱っている時には感染の危険が高まります。

感染性結膜炎の治療法は、上記の2種類によって異なります。

ウイルス性結膜炎の場合は、炎症を抑える効果のある非ステロイド性抗炎症点眼薬などが使用されます。また、細菌性結膜炎との併発を防止するための予防策として点眼剤を使用することもあります。体の抵抗力がつくにつれて症状は弱まり、1ヶ月前後で完治します。
細菌性結膜炎の場合は、原因菌に対して有効とされる「抗生物質」や「抗菌剤の点眼液」による治療が基本です。適切に行えば、1週間程度で症状が回復します。
特にウイルス性の結膜炎の場合、人から人へと感染します。接触感染なので、結膜炎の人が触れたものを介して菌が体に入り、感染することもあります。外出時には出来るだけ目を触らない、手洗いを徹底する、結膜炎の人とはタオルを共有しないようにするなど、小さな心がけが2次感染を防ぐための対策としてとても大事です。

診療内容トップへ戻る

このページのトップへ
Copyright © 2017 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.