有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)

近視眼を対象とした屈折矯正手術のジャンルの中で、最先端の屈折矯正手術として考えられているのが、有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)です。角膜を切除することで近視眼を矯正するレーザー屈折矯正手術(レーシック)とは異なり、専用のレンズを眼内にインプラントすることで屈折度数を矯正するという画期的な屈折矯正手術です。

レーシックでは、角膜表面を切除することから近視の度数や角膜の厚さによっては手術が実施できない場合がありました。フェイキックIOLは角膜表面を切除することなく、眼内にフェイキックIOLをインプラントするため、強度近視の方や角膜厚の薄い方でも手術を受けることが可能です。

フェイキックIOL「ICL:Implantable Collamer Lens」は、コラマー(Collamer®)という素材から作られています。コラマーはHEMAを主成分とする含水性ポリマーで、コラーゲンを含むことで眼内での生体適合性を向上させています。生体適合性を向上させることで、長期にわたって炎症を抑制し、細胞付着などを防ぎます。このコラマー素材を用いたフェイキックIOL「ICL」は1997年にCEマークを取得し、2005年には米国FDAより認可を受けています。

日本国内でも、2010年2月に厚生労働省より有水晶体後房レンズ(医療機器製造販売承認番号:22200BZY00001000)として承認されておりますので、安全性に問題はありません。

診療内容トップへ戻る

このページのトップへ
Copyright © 2017 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.