ICL 近視矯正

当院は「ICL認定クリニック」です!

有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)とは


    有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)は、近視眼を対象とした屈折矯正手術のジャンルの中で、最先端の屈折矯正手術といえます。
    角膜を切除することで近視を矯正するレーザー屈折矯正手術(LASIK・PRKなど)とは異なり、専用のIOLを眼内にインプラントすることで屈折度数を矯正するという画期的な屈折矯正手術です。
    角膜表面を切除することなく眼内にIOLをインプラントするため、強度近視の方や角膜厚の薄い方でも手術を受けることが可能となります。
    また、通常の白内障手術に用いられる単焦点眼内レンズとは全く異なり、水晶体を残したまま眼内レンズを挿入するため、調節力が失われることはありません。           

ICLとは


    ICL(Implantable Contact Lens)は、数種類あるフェイキックIOLのなかの1つです。
    ICLは1997年にCEマークを取得し、2005年には米国FDAより認可を受けています。 本邦では2010年2月に厚生労働省より有水晶体後房レンズとして承認されました。
    2016年9月の時点において、全世界で累計60万眼以上にICLがインプラントされています。
    光学部中央に貫通孔を設けることで房水流動の維持を可能とする新デザインのICL「KS-AquaPORT(通称 Hole ICL)」が日本において開発され、2011年にCEマークを取得し、2014年3月に厚生労働省より薬事承認を取得しました。
    さらに2016年9月に、光学部径がより大きく設計されたEVO+ Visian ICLが発売開始となり、当院ではこの最新型 EVO+ Visian ICL(STAAR Surgical社製)を使用しています。

Hole ICLの具体的な有益性


    まだ一般普及に至っていない手術手技であるため、レーシックと比較すると費用はやや割高になりますが、一方で下記のように様々な利点があります。
  • 強度近視の方でも矯正可能

    Hole ICLはレーシックで強度近視や角膜の薄いことで手術の適応外になってしまった方でも近視を矯正することが出来ます。

  • 患者様に負担の少ない手術法

    角膜を削ることはないため、手術侵襲は非常に軽微です。
    小さく折りたたんだ状態のレンズを挿入するため創口は3mmと小さく、術前後で眼球強度にほとんど差がありません。

  • 必要に応じてレンズの交換も可能

    レーシックの場合は一度手術を行うと元の状態に戻すことは不可能ですが、Hole ICLは万が一合併症を起こしても眼内レンズを取り出せば元の状態に戻すことが可能ですし、屈折変化や誤差が生じた場合でもレンズの入れ替えが可能です。

Hole ICLの手術手技

  • step1
  • 次のstepへ
  • step2
  • 次のstepへ
  • step3

Hole ICL適応条件

  • 年齢21歳以上、45歳未満
  • 術前球面度数が−3.0D〜−18.0Dの近視
  • 術前円柱度数が4.5D以下
  • 角膜内皮細胞密度最低値
    年齢21~25歳 2800個/mm2以上   年齢31~35歳 2400個/mm2以上
    年齢26~30歳 2650個/mm2以上   年齢36~45歳 2200個/mm2以上

Hole ICLが受けられない方

  • 年齢が21歳未満の方、45歳以上の方
  • 前房深度が3.0mm未満の方、散瞳不良の方
  • 角膜屈折矯正手術歴のある方
  • 妊娠中、又は授乳中の方
  • 重篤な全身疾患をお持ちの方(重篤な糖尿病、膠原病など)
  • コラーゲンに対する過敏症
  • その他、全身的、眼科疾患を伴うこと等を理由として医師が不適当と判断した方

費用について

下記の費用総額には、術前検査費用・手術費用・術後3カ月間の診察・検査・お薬代のすべてが含まれます。
※乱視の有無でHole ICLのレンズ価格が異なるため、費用総額も異なります。

ICL手術 費用総額
両 眼(乱視なし) 55万円(税別)
両 眼(乱視あり) 60万円(税別)

よくある質問

  • Hole ICLの主な適応条件は、どういったものですか?

    近視を有する21~およそ45歳位までの方で、白内障・緑内障・網膜疾患など、近視以外の目の病気を患っていない方です。
    ※術前検査にてお調べいたします

  • コンタクトレンズを使用していますが、術前検査の前に何か準備は必要ですか?

    コンタクトレンズの圧迫によって角膜に付いた跡を本来の状態に戻すため、手術前の一定期間、コンタクトの装用を止めていただいています。
    レンズ跡はゆっくりと元の状態に戻るため、ある程度の期間が必要です。

    ハードコンタクトレンズ : 約3週間
    乱視矯正ソフトコンタクトレンズ : 約2週間
    ソフトコンタクトレンズ : 約1週間

  • 手術後に視力に変化が起きた場合どうすれば良いですか?

    Hole ICLの交換、または別の屈折矯正手術をうけることが可能です。毎日のケアは不要ですが、手術後1年間は数ヶ月ごと、それ以降は1年ごとに定期的な検査を受けて下さい。

  • 入院が必要ですか?

    Hole ICL手術は診察など含めてトータル約2時間で終了する日帰り手術です。入院は不要です。

  • 将来的に白内障になった場合、白内障手術を受けることは可能ですか?

    Hole ICL手術を受けた後でも、白内障手術を受けることは全く問題ありません。
    Hole ICLは簡単に摘出可能であるため、まずHole ICLを摘出し、引き続き通常の白内障手術を行うことになります。
    多焦点眼内レンズを用いた手術を受ければ、老眼も克服可能です。

  • Hole ICLは何製ですか?

    Hole ICLは、コラマー(HEMAを主成分とする含水性ポリマー)という素材から作られており、コラーゲンを含むことで眼内での生体適合性を向上させています。生体適合性を向上させることで、長期にわたって炎症を抑制し、細胞付着などを防ぐことが可能となります。

  • クレジットカードでの支払いも可能ですか?

    はい、可能です。取扱カード会社の詳細は、受診時に受付にてご説明いたします。

  • 医療費控除の対象となりますか?

    本人または家族(生計を共にする親族)が支払った医療費が1月~12月の一年間で10万円を超えた場合、確定申告によって税金の還付を受けることができます。よってHole ICL手術は医療費控除の対象となります。

    確定申告の時期まで、当院が発行した手術費用の領収書は大切に保管して下さい。

採用に関するお問い合わせはこちら

029-886-9897

診療のご予約メールでのお問い合わせ

このページのトップへ
Copyright © 2017 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.