Beovu™(ベオビュ・brolucizumab)

今週は,レーシックエクスプレス挿入術(開放隅角緑内障)〜水晶体再建術(両眼同日・3焦点を含む)〜出張手術(二の宮眼科)。
皆さん経過良好です。

2017年にご紹介した brolucizumab(ブロルシズマブ:滲出型加齢黄斑変性に対する新たな抗VEGF治療薬)が,商品名Beovuベオビュノバルティス社)として,昨年10月に米国,本年2月には欧州そして本邦にて,それぞれ承認されました。

以前ご紹介したとおり,導入期直後から3ヵ月間隔投与の選択肢を提供できる唯一の治療薬であり,2ヵ月毎投与のアイリーアに比べて滲出液貯留による中心窩網膜厚が有意に減少するとのこと。
薬価は未収載。早く使用できることを期待したいですね。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

選定療養(多焦点眼内レンズ)

今週は,レーシックPTK(顆粒状角膜変性)〜硝子体茎離断術(裂孔原性網膜剥離)〜水晶体再建術(両眼同日・3焦点・EDOF・LASIK後を含む)〜翼状片切除術。
皆さん経過良好です。

先進医療特約に加入している患者さんの駆け込み手術が増加しているため,今月中旬〜下旬において,当院の白内障手術のうち多焦点IOLの占める割合は約9割
COVID-19への対応で厚労省はてんてこ舞いなのでしょう。4月の診療報酬改訂に関する説明は概略のみでしたが,昨日やっと詳細が判明。多焦点IOL手術が先進医療から外れた後は,選定療養として保険診療が一部適応になることが正式に公表されました。
選定療養とは,例えば病院個室へ入院する際の差額。入院費用の基本部分は保険診療で,大部屋と個室との差額のみ自費となるわけです。医師会が猛反対する混合診療との線引きが問題となりますが,多焦点IOLの差額が選定療養として厚労省に認められたわけです。

多焦点IOL手術費用は,3月末までは完全自費(先進医療特約でのカバー可)ですが,4月以降は手術の基本部分(保険診療)および単焦点IOLとの差額(自費)。 IOLの種類によっても異なりますが,差額はおよそ15〜20万弱と予想されます。
患者さんの実質的な総支払額は現状よりかなり下がるため,4月以降の多焦点IOL手術件数はさらに増加するものと推察されます。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

TECNIS Synergy(EDOF +2焦点 IOL)

今週は,ICL近視矯正手術〜水晶体再建術(両眼同日・3焦点を含む)〜前後転術(外斜視)〜眼瞼下垂手術〜出張手術(鉾田病院)。
皆さん経過良好です。

今日は新しい多焦点眼内レンズ(TECNIS Synergyテクニス シナジーDFR00V,J&J)について。
コントラスト良好なTECNIS Symfony(ZXR00V)の近方視力改良版,といった感じでしょうか。

昨年のESCRSでお披露目されたEDOF +2焦点のIOLで,その後の評判が非常に良好とのこと。まだEUと豪州でしか使用されておらず,国内では本年秋頃に販売開始の予定です。国内では現在PanOptix(3焦点)が最も用いられていますが,将来的にはEDOF +2焦点もしくはEDOF +3焦点などのハイブリッド型IOLが主流となるかもしれません。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

春雪

2月の第1週は,ICL近視矯正手術〜水晶体再建術(3焦点を含む)〜出張手術(鉾田病院)。
第2週は,ICL近視矯正手術〜 PTK(顆粒状角膜変性)〜硝子体茎離断術(アトピー性網膜剥離)〜水晶体再建術(3焦点toric・EDOFを含む)〜出張手術(笠間眼科)。
先週は,水晶体再建術(両眼同日・LASIK後・3焦点toric・EDOFを含む)。
今週は,レーシックPTK水晶体再建術(両眼同日での3焦点を含む)〜出張手術(二の宮眼科)。
皆さん経過良好です。

連休は温泉&スキー。
春スキーを覚悟していましたが,まさかの降雪(^^)
 
   
コロナの影響から,ほぼ100%邦人のみ……にもかかわらず,かなりの混雑でびっくり!

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

2020謹賀新年

正月も後半ですが,新年あけましておめでとうございます。
開院後7回目のお正月を無事迎えることが出来ました。
本年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

先々週は,硝子体茎離断術(裂孔原性網膜全剥離)〜水晶体再建術〜出張手術(笠間眼科)。
先週は,水晶体再建術(両眼同日・3焦点toricを含む)〜眼瞼下垂手術〜出張手術(二の宮眼科)。
今週は,レーシック水晶体再建術(3焦点toricを含む)〜出張手術(笠間眼科)。
皆さん経過良好です。

週末は眼科手術学会にて有楽町へ。
・ 円錐角膜用コンタクトとして海外製ソフトコンタクトレンズ(ケラソフト;国内未承認)は以前からあったものの,通常はハードレンズが主流。国産初となる円錐角膜用ソフトコンタクトレンズ(ユーソフト)が承認され,患者さんからの評判も上々とのこと。当院でも採用を決定!
 iStent Injectが2019年10月末に承認され,2020年秋頃に販売予定。
・ IPCL(ICLのフェイク): 素材はアクリル,製造はインド,白内障が発生しやすく,国内未承認。ICLと名前は似せていますが,内容は全く異なります。当然ながら当院では絶対に採用しませんが……堂々と展示されているのは何故?

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ