硝子体とは

眼の構造

眼球の形を維持するために内部の大部分を満たしている透明のゲル状組織です。弾力を持つことで外部からの刺激を分散して眼球を守ったり、入ってきた光を屈折させる機能を持っています。

手術適応となる疾患

硝子体の疾患とその主な治療方法

硝子体出血 硝子体出血を起こす網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症、網膜裂孔に対し、出血の濁りを切除した後、レーザー網膜光凝固を行う。増殖性変化を起こしている場合は、増殖膜も可能な限り剥離する。
黄斑円孔 原因である硝子体牽引を解除すべく人工的後部硝子体剥離を作成し、内境界膜を剥離する。円孔の再発を防ぐために、空気または人体に無害なガスを注入し、内側から網膜を意図的に圧迫する。
黄斑前膜 ゆがみの原因である黄斑上の膜を剥がし、内境界膜剥離も併用する。
裂孔原性網膜剥離 裂孔への硝子体の牽引を解除し、原因裂孔を閉鎖することが手術の目的。剥がれた網膜を元に戻して網膜裂孔の周辺にレーザー光凝固術を行う。網膜剥離の再発を防ぐために、空気または人体に無害なガスを注入し、内側から網膜を意図的に圧迫する。
黄斑浮腫 抗VEGF薬治療に抵抗性の黄斑浮腫の場合には、硝子体切除および内境界膜剥離を行い、レーザー網膜光凝固も追加する。

普段の生活で、以下のような自覚症状の進行はありませんか?

  • 視界に暗くて見えない部分が急に広がってきた
  • 新聞や本の文字を見ると、視界の中心付近の文字が見えづらくなった
  • 暗くはないが、視界の中心付近がゆがんでみえる
  • 視界に浮遊物が急激に増加し、霧がかかったように見える
  • ときどき視界の中に閃光が光り、その頻度が増してきた

※上記のような症状でお悩みの方はお早めにご相談下さい。

採用に関するお問い合わせはこちら

029-886-9897

診療のご予約メールでのお問い合わせ

このページのトップへ
Copyright © 2017 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.