白内障とは

眼球内にある水晶体というレンズが濁ることを「白内障」と呼びます

眼の構造

人の目はよくカメラに例えられる事があります。
カメラでいうとレンズの役割をしているのが水晶体で、大きさは直径9mm、厚さ4mm、表面がふくらんだ凸レンズの形をしており、透明な膜に覆われています。
中身の成分はたんぱく質が約35%、水分が約65%で構成され、「皮質」と「核」に別れています。

水晶体は正常時、外から入ってきた光をよく通しますが、様々な要因で本来透明である水晶体にに濁りが生ることがあります。
集めた光がうまく眼底に届かず、網膜に鮮明な像が描けなくなった状態を「白内障」と呼びます。
主な症状として、視界がぼやけたり、視力の低下が起きます。

正常な水晶体は透明で光をよく通します。
しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあり、これが「白内障」です。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。


白内障の原因

様々な原因で引き起こる白内障ですが、最も多い症例が加齢による「加齢性白内障」です。個人差はありますが、水晶体の濁りは誰にでも起きる老化現象の一つであり、高齢になるほどその発症率は高くなります。

また、近年ではアトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症によって若年層の発症も増加傾向にあります。
その他にも、子宮内での風疹の感染などが原因で先天的に白内障をもっている場合や、目の病気のあとの続発性白内障、目の外傷や薬による副作用によって白内障に至るケースもあります。

白内障の種類とその主な原因

加齢性白内障 加齢
全身疾患に合併する白内障 アトピー性皮膚炎、糖尿病
先天性白内障 風疹など
外傷性白内障 目のけがなど
併発白内障 ぶどう膜炎など
その他 放射線、薬剤(ステロイド剤)

白内障の症状

白内障だけでは痛みや充血を伴うことはありませんが、水晶体が濁ることによって視力が低下していきます。
濁り方にも個人差があり、それによって症状も様々です。
「目のかすみ」などが代表的な症状ですが、下記の症状で当てはまるものがあれば白内障の可能性があると考えて良いかもしれません。

白内障の主な症状

  • 景色やモノがかすんで見える
  • 一時的に近くが見えやすくなる、眼鏡が合わなくなる
  • 景色やモノが二重、三重に見える

※上記のような症状でお悩みの方はお早めにご相談下さい。

水晶体の濁り方と症状

水晶体の濁り方と症状

水晶体の濁り方は人によって様々ですが、「皮質白内障」といって水晶体の周辺部の皮質から濁り出す例が多く、中心部となる核が透明であれば視力が低下することはありません。濁りが中心部まで進行すると、「まぶしさ」や「目のかすみ」を強く感じるようになります。

また、中心部から濁りが始まる「核性白内障」になると近視化が進み、一時的にものが見えやすくなることがあります。核の色が濃くなるにつれてものがかすんで見えるようになります。

採用に関するお問い合わせはこちら

029-886-9897

診療のご予約メールでのお問い合わせ

このページのトップへ
Copyright © 2017 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.