眼瞼下垂・眼瞼内反・睫毛内反

 

眼瞼下垂

目を開いたときに上眼瞼縁が正常の位置より下がっている状態のことで、上方の視野が狭く感じられたり、外見が悪くなったりといった不都合が起こります。原因は大きく、先天性と後天性に分けられます。

 

1)先天性眼瞼下垂

先天的に眼瞼挙筋(まぶたを上げる筋肉)の働きが不良であるために、出生直後から下垂が認められます。

放置すると弱視になってしまうことがあるため手術で治療することになりますが、ある程度開瞼していればあわてる必要はなく、視力の発達を観察しながら通常は3歳を過ぎてから行います。眼瞼挙筋を短縮する方法や眼瞼吊り上げ術で改善します。

 

2)後天性眼瞼下垂

・加齢性: 加齢により眼瞼挙筋と眼瞼の支持組織である瞼板や皮膚との間の結合が緩んで起こります。緩んだ挙筋と周囲組織の結合を再構築する手術で改善します。

眼瞼皮膚弛緩症: 眼瞼の皮膚だけが緩んで下がっている状態です。眼瞼もしくは眉毛下の余剰皮膚を切除することで改善します。

・偽眼瞼下垂(眉毛下垂): 前額部(おでこ)の皮膚や筋の弛緩により眉毛が下がり眼瞼を押し下げている状態です。皮膚切除や眉毛の吊上げ術で改善します。

・神経麻痺性(重症筋無力症や動眼神経麻痺など): 頭蓋内精査のうえ原疾患に対する治療が必要です。

 

   加齢性眼瞼下垂の手術前後

眼瞼下垂

 

 

   眼瞼皮膚弛緩症の手術前後

眼瞼皮膚弛緩症

 

 

眼瞼内反

加齢とともに眼瞼を支えている筋肉(眼輪筋)や靱帯が緩むことにより、眼瞼が内側にローリングしてしまい、睫毛が角膜に当たることでゴロゴロやウルウルなどの不快な症状を伴います。

伸びてしまった眼輪筋を縫い縮める手術(眼輪筋縫縮術)を施し、眼瞼に張りを戻します。ごく稀に再発する場合もありますが、ほぼ1回の手術で完治可能です。

 

   眼瞼内反の手術前後

眼瞼内反

 

睫毛内反

生まれつき睫毛が内側に向かって生えている状態で、いわゆる「逆さまつげ」です。乳幼児期に多くみられますが、年齢とともに軽快する場合もあるため、慌てずに様子を見ることが一般的です。学童期以降にも流涙や異物感などの症状が強い場合や、成人になってから逆に悪化してしまった場合などは、手術適応となります。

手術といってもメスで広く切開するようなことはなく、透明な非吸収糸を用いて二重瞼を意図的に作成することで完治可能です。

 

   睫毛内反の手術前後

睫毛内反

 

診療内容トップへ戻る

このページのトップへ
Copyright © 2018 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.