緑内障手術について

緑内障には症状の進行度などによって大きく3つの治療法・手術の種類があります。状態を見極め、適切な治療を選択する必要があります。

投薬(点眼)による治療

緑内障の治療は最初は点眼薬にて行います。1種類から始まり、視野障害が進行するようであれば2種類、3種類と増やしていきます。
4種類を超えると効果が弱く、基本的には3種類でも進行が止まらない場合はレーザー治療か手術を検討します。
多くの患者さんが点眼薬のみで問題なく過ごせていますので、ひとまずはご安心下さい。

レーザー処置による治療

SLTと呼ばれる治療法で、「線維柱帯」と呼ばれる目の中の房水が出て行く組織を処置し、網目状になっている線維柱帯にからまった色素細胞を摘出します。
分かりやすく表現すると、線維柱帯を掃除して房水の流れを良くするといったイメージです。

手術よる治療

レーザーとは別の方法で房水の流出経路を作る手術です。術後、まれに多少の視力低下が起きる場合がありますが、眼圧低下にはとても適した治療です。

トラベクロトミー(繊維柱帯切開術)

線維柱帯を切開し、房水の流出を良くする方法です。
メリットは術後の感染が起こりにくいことで、これは大変な利点です。
デメリットは眼圧の低下の数値は10の中盤~後半程度で、長期的にみると効果は得られないケースが多いことですが、再手術やトラベクレクトミーに変更するといった対処が可能なので、点眼薬でも眼圧数値が20代であれば、この手術を選択するドクターも多くいます。

トラベクレクトミー(繊維柱帯切除術)

目の外から穴を開け、房水を継続的に外に流出させることで眼圧を下げる手法です。成功すれば眼圧が8~10に下がるというメリットがありますが、目の外と内部が交わることで感染が起こりやすくなるというデメリットもあります。また、この方法も長期的にみると、眼圧が再上昇し再手術を要するケースも少なくありません。
しかし、眼圧が高い場合は勿論のこと、眼圧がさほど高くないにも関わらず視野障害が進行する場合には、この手術以外の選択肢はないと言えるでしょう。

近年、「Express・エクスプレス」と呼ばれるステンレス製のシャントdeviceが保険適応となり、当院でも積極的に使用しています。従来のトラベクレクトミー(線維柱帯切除術)と比較して下記のような利点があります。
1)より簡便に房水流出経路を作成でき、規格化されたデバイスにより、一定量の房水の流出が予測可能
2)線維柱帯切除術と同等の眼圧下降効果
3)低侵襲で炎症を発症する可能性が低く、また、術後の合併症が線維柱帯切除術と比較して少ない
4)術中の眼圧変動が小さく、手術時間が短縮
5)創傷部位の回復、および術後視力の回復が線維柱帯切除術と比較して早い

ryokunai


当院で使用している主な手術機器

最新の医療機器を使用して手術を行っております。

手術顕微鏡

・カールツァイス社製 OPMI Lumera T

手術を行なう上でもっとも重要な点は“見える”という点にあります。
光学機器メーカーとして世界的に定評のあるカールツァイス社の
『Lumera(ルメラ)』を使用する事でより完成度の高い
手術を行なえるよう、当院では『OPMI Lumera T』を採用しております。

手術顕微鏡

白内障・硝子体手術装置

・アルコン社製 Constellation(コンステレーション)

眼内に挿入した直径1mm程度の器具の先端から超音波を
発振し、白く濁った水晶体を砕いて吸引します。
より安全に白内障手術が可能な最新の機器です。
白内障手術だけでなく、27ゲージ極小切開での
硝子体手術も可能な最新の手術機器です。
また、眼内レーザー装置も内蔵されています。
白内障・硝子体手術装置

エキシマレーザー

・アルコン社製 Allegretto Wave Eye-Q

1秒間に400発という超ハイスピードレーザーパルス照射が
可能なため、正確なレーザー照射が行えます。
また角膜本来の自然な形状を維持するよう照射され、
術後の球面収差の増加が抑えられます。
さらに、レーザーパルスの重なりは自動制御されるため、
角膜の温度上昇が抑えられます。
手術前の検査データをもとに、患者様一人ひとりに対応した
カスタマイズ治療を正確に行える最新型エキシマレーザーです。


エキシマレーザー

髙周波ラジオ波メス

・エルマン社製 Surgitron(サージトロン)

4.0MHz を発振する髙周波ラジオ波を用いているため、組織に対する
高密度エネルギーを意図的に集中させることが可能です。
熱損傷を抑え、微細な切開・凝固が可能であるため、眼瞼下垂や
眼瞼内反手術などの手術効率が格段にUP しました。
髙周波ラジオ波メス

採用に関するお問い合わせはこちら

029-886-9897

診療のご予約メールでのお問い合わせ

このページのトップへ
Copyright © 2017 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.