手術方法

眼の構造

手術室で目の消毒を行った後、目の下に局所麻酔の注射をします。場合によっては同時に白内障手術を行うこともあります。

次に強膜の3箇所に0.4〜0.6mm程度の小さな穴を開けます。1箇所には還流液を入れるため注入針を固定し、残りの2箇所に眼内照明やカッターなどの手術器具を挿入します。
眼内照明を利用して硝子体切除や膜剥離などの処置を行います。
※当院では、全例において、25もしくは27ゲージでの極小切開硝子体手術(MIVS)を施行しています。

硝子体手術症例


shoushi1


shoushi2


shoushi3


当院で使用している主な手術機器

最新の医療機器を使用して手術を行っております。

手術顕微鏡

・カールツァイス社製 OPMI Lumera T

手術を行なう上でもっとも重要な点は“見える”という点にあります。
光学機器メーカーとして世界的に定評のあるカールツァイス社の
『Lumera(ルメラ)』を使用する事でより完成度の高い
手術を行なえるよう、当院では『OPMI Lumera T』を採用しております。
手術顕微鏡


白内障・硝子体手術装置

・アルコン社製 Constellation(コンステレーション)

眼内に挿入した直径1mm程度の器具の先端から超音波を
発振し、白く濁った水晶体を砕いて吸引します。
より安全に白内障手術が可能な最新の機器です。
白内障手術だけでなく、27ゲージ極小切開での
硝子体手術も可能な最新の手術機器です。
また、眼内レーザー装置も内蔵されています。
白内障・硝子体手術装置

エキシマレーザー

・アルコン社製 Allegretto Wave Eye-Q

1秒間に400発という超ハイスピードレーザーパルス照射が
可能なため、正確なレーザー照射が行えます。
また角膜本来の自然な形状を維持するよう照射され、
術後の球面収差の増加が抑えられます。
さらに、レーザーパルスの重なりは自動制御されるため、
角膜の温度上昇が抑えられます。
手術前の検査データをもとに、患者様一人ひとりに対応した
カスタマイズ治療を正確に行える最新型エキシマレーザーです。


エキシマレーザー

髙周波ラジオ波メス

・エルマン社製 Surgitron(サージトロン)

4.0MHz を発振する髙周波ラジオ波を用いているため、組織に対する
高密度エネルギーを意図的に集中させることが可能です。
熱損傷を抑え、微細な切開・凝固が可能であるため、眼瞼下垂や
眼瞼内反手術などの手術効率が格段にUP しました。
髙周波ラジオ波メス

採用に関するお問い合わせはこちら

029-886-9897

診療のご予約メールでのお問い合わせ

このページのトップへ
Copyright © 2017 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.