お知らせ

お知らせ一覧

  • 8月・9月の担当医表
    2022/08/01

    非常勤外来日の担当医は毎回異なります

    屈折矯正適応検査(レーシック・ICL・オルソケラトロジー)・術前検査(白内障・網膜硝子体・その他)・特殊検査(視野・斜視)・眼処置・定期受診、などが必要な場合は、院長外来日の予約再診となります。


    院長


    2-1


    2-1


  • 【重要】COVID-19 院内感染対策(最新版)
    2022/08/01

    当院における感染予防対策

    ☆入口自動ドアの常時解放

    ☆手動ドアの取っ手・待合室座席など,患者さまが触れる機会が多い箇所の定期的な消毒

    ☆職員全員における,マスク着用・ゴーグル装用・手指衛生管理・健康管理(毎朝の検温)

    ☆診察ごとの,医師の手洗い・手指消毒

    ☆検査・診察ごとの,診察台・あご台・額あて・検眼枠の消毒

    ☆全ての患者さまに対する,過去14日以内の体調変化・行動の問診


    全ての患者さま・付添の方にマスクの着用をお願いしています。

    待合室ではマスク着用のうえお席の間隔を空けてお待ち下さい。

    メディカルコートの共用スペース(外待合)にてお待ち頂いても結構です。



    過去14日以内に,発熱・味覚嗅覚異常・体調不良などの既往がある場合への対応:

    PCR検査等を行っていない場合,原則として不急の眼科検査は行いませんので,全身症状消失後14日以降での受診をご案内しています。

    外傷や感染など眼症状が強い場合には,外待合にて診察を行います。

    PCR検査等で感染が否定されている場合は通常通りの診療が可能です。



    新型コロナウイルス感染者への対応:

    原則として,診察は症状出現後3週間もしくは回復後2週間,のいずれか遅い日以降での受診をご案内しています。

    定期通院中の患者さまで上記期間中に薬が切れてしまった場合は,代理人を介しての投薬(必要最小量)が可能です。

    外傷や感染など眼症状が強い場合,回復後1週間以上経っていれば,外待合にて診察を行います。


    ②③のいずれか,または濃厚接触者に該当する場合は,来院前にお問い合わせ頂くことを推奨します。


    なお,重症度などにより対応が個別に異なる可能性があります。

    ご理解とご協力をお願いいたします。


    院長


  • 第37回JSCRS学術総会での講演
    2022/06/01

    本年6/24〜6/26に国立京都国際会館で開催される第37回JSCRS学術総会にて下記演者を担当します。

    2-1

    2-1


  • 開院8周年
    2021/10/01

    本日、開院8周年を無事迎えることが出来ました。

    診察券番号49616のユニークIDを9/30に発行し、開院後8年間で5万人弱の新規患者様にご来院頂いたことになります。

    スタッフ一同、受診されたすべての患者様に日々感謝しております。


    今後も引き続き、個別化屈折矯正手技レーシックICLオルソケラトロジー)〜プレミアム多焦点白内障手術硝子体手術(MIVS)〜緑内障手術(MIGS)〜眼瞼下垂手術斜視手術抗VEGF療法など、先進のテーラーメイド医療を提供させて頂きます。


    院長 佐藤正樹


  • 第36回JSCRS学術総会(教育セミナー講演)
    2021/06/27

    6/25〜6/27開催の36回JSCRS学術総会にて教育セミナー「白内障周術期の抗菌薬使用」の演者を担当しました。


    2-1

    2-1


    JSCRS年次surveyによる抗菌薬の術前点眼開始日・術後点眼期間・術後内服期間・術後静脈内投与期間・術終了時前房内灌流,さらにはヨード製剤などのデータ推移および各種クロス集計の結果から,一部海外と比較しつつ,国内における白内障周術期抗菌薬使用の現状を解説しました。


    院長


このページのトップへ
Copyright © 2022 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.