バビースモ vs アイリーア8mg

今週は,ICL近視矯正手術×4〜硝子体茎離断術(黄斑前膜)〜水晶体再建術(両眼同日を含む)〜前後転術(外斜視)。

バビースモはRVOにも適応が拡大され,週末はこの全国講演会に出席のため高輪へ。

・AMDにおける少量のSRF残存は黄斑萎縮と負の相関
⇒やはり少量のSRFは放置しても良い?(経過観察すべきか否かの是非は不明のまま…)

・PCVにおいて,IVF後は77%がポリープ閉塞,≧85%が12週以上の投与間隔でOK
⇒バビースモはPCVにも有用

・硝子体注射の継続 ⇒ TGF-β↗ ⇒ ERM発生のリスクあり

今後はアイリーア8mg(海外ではEYLEA HD)がライバルとなるでしょうね。
バビースモはVEGF-AとAng-2の双方を阻害するバイスペシフィック抗体。
アイリーア8mgは病態のメインであるVEGF-Aを強力に阻害。
軍配は…?

取り急ぎ,プレフィルドシリンジの早期登場を期待!

 

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

2024GW

先々週は,ICL近視矯正手術×4〜水晶体再建術(両眼同日・連続焦点トーリックを含む)〜出張手術。
先週は,レーシック×4〜ICL近視矯正手術×4〜硝子体茎離断術×2(黄斑円孔・PDR-VH)〜水晶体再建術(連続焦点での両眼同日を含む)〜観血的濾過胞再建術(緑内障)。
そして連休半ばは,ICL近視矯正手術×4〜水晶体再建術(両眼同日・連続焦点トーリックを含む)。
皆さん経過良好です。

連休後半は2泊3日のことりっぷ。
 


串揚げもたこ焼きも,さすがに美味しかったですね〜 ♪
今週は水木金とオペ,頑張ります!

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

TECNIS Odyssey IOL

先々週は,ICL近視矯正手術×4〜iStent inject W挿入術(緑内障)〜水晶体再建術(両眼同日・連続焦点トーリックを含む)〜睫毛内反手術(埋没法)×4。
先週は,レーシック水晶体再建術(連続焦点での両眼同日を含む)〜出張手術。
今週は,ICL近視矯正手術〜水晶体再建術(連続焦点での両眼同日・LASIK後を含む)。

TECNIS IOLシリーズにさらに新しい仲間の登場です。
先週ボストンで開催されたASCRS 2024において,TECNIS Odyssey IOLテクニス オデッセイ;Johnson & Johnson 社)が正式発表されました。新規のplatformからなるPureSee IOLとは異なり,TECNIS Synergy(連続焦点)IOLの進化版であるため,臨床試験前にすでに国内承認されています。
Synergyでも他の多焦点IOL同様に,夜間のスターバースト・ハロー・グレアなどの異常光視症が少なからず認められますが,Odysseyではこれが有意に軽減され,より高いコントラスト感度を有するとのこと。
米国では2024年後半に,本邦では2025年以降に発売予定。楽しみですね〜 ♪

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

ICL 300万枚突破

先週は,ICL近視矯正手術×6〜硝子体切除術(眼内レンズ完全脱臼)〜iStent inject W挿入術(緑内障)〜水晶体再建術(両眼同日・連続焦点トーリック・強膜内固定を含む)〜出張手術。
今週は,レーシック×8〜ICL近視矯正手術×4〜水晶体再建術(両眼同日を含む)。

ICLImplantable Collamer® Lenses)の世界累計販売枚数が300万枚を突破したとのこと。つまり,少なくとも150万人以上に移植されたことになります。
当院ではレーシック・ICLそれぞれに希望者がおり,以前は「レーシック適応外であればその際は ICLを 希望」といった患者さんが多かったのですが,最近ははじめから「ICL希望」との患者さんも少なくありません。もちろん「レーシック希望」との患者さんもこれまでと変わらずいらっしゃいます。レーシック・ICLともに屈折矯正手術の有用性が広く認知されつつある証拠ですね。
欧米ではレーシックを含めた角膜屈折矯正手術(corneal refractive surgery)にはまだまだ及びませんが,アジア圏(特に日本)ではなぜか?ICLの人気が高まっています。
近視人口の割合は2050 年までに世界人口の50%を越えるとも予測されており,革新的なデバイスが登場しない限り,今後もICLの人気は衰えないでしょうね。

連休は木更津〜横浜へ。
 
束の間ながらrefresh完了。次年度も頑張ります!

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

iDose TR

先週は,レーシック×6〜iStent inject W挿入術(緑内障)〜水晶体再建術(連続焦点での両眼同日・LASIK後を含む)〜後転術(外斜視)〜眼輪筋縫縮術(眼瞼内反)〜睫毛内反手術(埋没法)。
今週は,レーシック×6〜ICL近視矯正手術〜水晶体再建術(両眼同日・連続焦点・matureを含む)〜翼状片切除術〜出張手術。

本日はiDose TRtravoprost intracameral implant・Glaukos社)について。

6年前にご紹介したiDoseが,iDose TRと名を新たにし,昨年末にFDAに承認されました。
内部にreserseされたトラボプロスト(緑内障点眼薬のFP作動薬)がゆっくりと徐放される仕組み。米国のphase Ⅱ trial:1年間の経過観察において30%眼圧下降の継続を示し,古くからある緑内障点眼薬のチモロール(β遮断薬)連日点眼に対し非劣性。
phase III trial:被験者の81%が術後1年間において眼圧下降点眼薬を全く要せず,角膜内皮細胞の減少も認められず。


毎日必ず同じ時間に点眼を継続することは患者さんにとって負担が大きく,特にアドヒアランス不良の患者さんにとっては有用でしょう。一方で,アドヒアランスが良好な患者さんにとってはメリットは低いかも….?
保守的な日本では嗜好が分かれるかもしれませんね。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ