多焦点眼内レンズによる白内障手術

通常の白内障手術では「単焦点眼内レンズ」という、遠距離だけ、近距離だけ、といったように一つの距離にだけピントを合わせたレンズが使用されます。
一方、「多焦点眼内レンズ」は、近くと遠くの両方を眼鏡を使用せずに見ることが可能なレンズです(保険適応外)。
サトウ眼科先進医療施設であるため、ご希望により「多焦点(二焦点・EDOF)眼内レンズ」を用いた白内障手術を受けることができます。

さらに、遠方・中間・近方のいずれの視界も良好な「三焦点眼内レンズ」を用いたプレミアム白内障手術も受けることができます(自費診療)。


FineVision 三焦点 IOL (PhysIOL社)


こういった方におすすめです

  • 老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方
  • 白内障と同時に老眼を治療したい方

※ご自身の目の状態の把握や、
最適な施術を選択するためにもまずは一度ご来院ください。

単焦点眼内レンズ(ピントを遠くに合せて)手術を行った場合

ピントを遠くに合せて手術を行った場合

遠くにある時計や窓の外の風景はメガネを使わずにはっきりと見ることができます。
一方、携帯電話など近くにあるものはぼやけて見えるため、老眼鏡が必要となります。

単焦点眼内レンズ(ピントを近くに合せて)手術を行った場合

ピントを近くに合せて手術を行った場合

近くにある携帯電話を見るときにはメガネを使用せずにはっきり見えます。
遠くの時計・風景はぼんやりとした見え方であるため、遠用のメガネが必要となります。

多焦点(二焦点)眼内レンズ手術の場合


  レストア トーリック (Alcon社)


多焦点眼内レンズ手術の場合


遠方・近方(眼前30〜40cm)ともに焦点が合うように設計されているレンズなので、従来の単焦点眼内レンズと比較するとややコントラスト感度は劣るものの、メガネを使用せずに遠くも近くもはっきりと見ることができます。
写真のように、近くの携帯電話にも遠くの景色にもしっかりと焦点が合います。
理論上では中間距離(写真ではコップや花瓶付近)は僅かにぼやけて見えることになりますが、実際に自覚することはほとんどありません。

※欠点としては、夜間にグレア・ハロなどの症状を自覚することがあり、夜間の運転が多い方は注意が必要です。


多焦点(焦点深度拡張型:Extended Depth of Focus:EDOF)眼内レンズ手術の場合


  シンフォニー (AMO社)



遠方から中間(眼前50〜60cm)にかけての幅広い範囲に焦点が合うように設計されているレンズであり、従来の単焦点眼内レンズとほぼ同等の高いコントラスト感度が得られます。
軽度の乱視であれば乱視矯正なしでも裸眼視力は良好であり、また夜間にグレア・ハロなどの症状を自覚することもほとんどありません。

※欠点としては、近方視力は二焦点レンズに劣るため、細かい作業などでは弱い老眼鏡が必要となります。

ゴルフが趣味・夜間運転が多い、などに該当する方にお勧めです。


プレミアム三焦点眼内レンズ(FINEVISION MICRO F・POD F・POD FT )手術の場合

Finevision 眼鏡不要

遠方・中間・近方のいずれにも焦点が合うように設計されているレンズなので、従来の単焦点・二焦点眼内レンズと比較し、メガネの必要性は極めて低くなります。                                     
光学的ロスが非常に少ないため、コントラスト感度が比較的良好に保たれます。二焦点眼内レンズ特有のグレア・ハローの出現もほぼ心配ありません。                                     
乱視が強い場合でも、三焦点トーリックIOL(POD FT)で対応が可能です。

術後に可能な限りメガネを使用せず、自然な見え方を希望される方にお勧めです。


採用に関するお問い合わせはこちら

029-886-9897

診療のご予約メールでのお問い合わせ

このページのトップへ
Copyright © 2018 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.