多焦点眼内レンズ(老視矯正レンズ)を用いた白内障手術





通常の白内障手術では、遠距離だけ、近距離だけ、といったように一つの距離にだけピントを合わせた「単焦点眼内レンズ」が使用されます。

一方「多焦点眼内レンズ」は、複数の距離にピントを合わせることが可能なレンズです。
国内で承認されている2焦点・EDOF・3焦点・連続焦点(2焦点+EDOF)眼内レンズにおいては選定療養の適応となります。通常の単焦点IOLとの差額を自費でお支払い頂く必要がありますが、手術の基本部分は健康保険が使用可能であるため、患者さまの実質的な自己負担はかなり減額されることになります。

当院では、国内承認済みの多焦点レンズのみならず、「5焦点眼内レンズ」または「3焦点+EDOF眼内レンズ」を用いたプレミアム白内障手術も受けることができます(海外からの個人輸入のため自費診療)。

※多焦点眼内レンズをご希望の方には、最適なレンズをご選択頂くために、手術申し込み時に詳細をご説明させて頂きます。


単焦点および多焦点眼内レンズ(全7種類)の特徴について



                    
採用に関するお問い合わせはこちら

029-886-9897

診療のご予約メールでのお問い合わせ

このページのトップへ
Copyright © 2021 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.