乱視矯正眼内レンズ(トーリック眼内レンズ)による白内障手術

日本において乱視の度数が入った眼内レンズは古くからありましたが、許可が下りたのは実はごく最近です。
また、乱視矯正の眼内レンズはほとんどの乱視の方に適応されますが、注意点もあります。

角膜と水晶体の歪みによって生じるのが乱視です。
白内障の手術をすれば水晶体の歪みはなくなりますが、角膜の歪みは手術をしても変わりません。現在乱視が強くても、角膜の歪みが少ない方は、普通の眼内レンズを移植するだけで乱視の問題は解消されます。角膜の歪みが強い方は通常の眼内レンズで乱視がなくならないため、乱視矯正眼内レンズによって乱視を軽減することになります。

角膜の歪みが非常に強かったり不規則な場合には、乱視矯正眼内レンズでも乱視を調整しきれないことがあります。乱視を完全になくすのではなく、軽減するレンズとお考えください。

通常、角膜の乱視が1.5ジオプター以上の方に乱視矯正眼内レンズをおすすめしています。乱視矯正眼内レンズは保険適応なので治療費は通常の眼内レンズを使った場合と全く同じです。また、乱視矯正眼内レンズを使った手術は通常の手術と変わりませんので、このレンズによるデメリットはないと言えます。
海外では乱視矯正眼内レンズを使うと治療費が高くなる国が多いため、日本は恵まれていると言えるでしょう。

tooriku
アクリソフ IQ トーリック

採用に関するお問い合わせはこちら

029-886-9897

診療のご予約メールでのお問い合わせ

このページのトップへ
Copyright © 2017 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.