白内障手術の合併症に加え、多焦点眼内レンズを使用した手術には下記のような合併症が考えられます。

白内障の合併症

後嚢破損・チン氏帯断裂

水晶体やその周辺の組織であるチン小帯が元々弱い方の場合、手術中に破損したり断裂してしまうことがあります。眼内レンズを水晶体囊に挿入できない場合は、レンズを眼に直接縫い付けます。見やすくなるまで通常よりは多少時間がかかる場合もありますが、いずれきちんと見えてきますので、そのような場合でもご安心下さい。

レンズ度数の誤差

レンズの度数はコンピューターで計算し、患者さん一人ひとりに合わせたものを挿入しますが、それでも完璧に合わせることは不可能で、多少の誤差は生じます。ほとんどの場合はメガネで調整することが可能ですのでご安心下さい。

術後眼内炎

手術中や手術後に傷口より細菌が入り込み、眼球内が炎症を起こして化膿してしまうことがあります。視力が急激に低下するなどの症状が起きることもあるため、早期治療が必要です。頻度は3,000〜4,000例に1例と極めて低く、仮に起きたとしても当院で責任を持って治療いたします。術前の抗菌薬点眼をきちんと行っていれば通常は起こりませんので、ご安心下さい。

多焦点(二焦点)眼内レンズ特有の合併症について

手術後の合併症―グレア・ハロー

手術後の合併症―グレア・ハロー

多焦点(二焦点)眼内レンズは手術後、「ハロー・グレア現象」を起こしやすくなります。これは暗い場所で強い光源を見た際、通常の眼内レンズに比べて光が長く伸びて見えたり、光の周辺が輪がかかったように散乱して見える現象です。

                                
上の写真は夜間での光の見え方のイメージです。
これらの現象は日々の生活に支障をきたすようなものではなく、手術後の時間経過とともに症状は和らぎ、徐々に慣れて気にならなくなります。
なお、最先端の三焦点眼内レンズ(FINEVISION)ではこれらの現象はほぼ起こりませんのでご安心下さい。

採用に関するお問い合わせはこちら

029-886-9897

診療のご予約メールでのお問い合わせ

このページのトップへ
Copyright © 2017 SATOH EYE CLINIC All rights reserved.