ドライアイに対するバレニクリン鼻腔内スプレー

先々週は,レーシックICL近視矯正術PTK(アベリノ角膜変性)〜硝子体茎離断術(黄斑前膜)〜水晶体再建術(3焦点×4・両眼同日を含む)〜眼瞼下垂手術〜翼状片切除術〜出張手術(鉾田病院)。
先週は,ICL近視矯正術×4〜水晶体再建術(両眼同日を含む)〜前後転術(恒常性外斜視)。
今週は,レーシック×4〜PTK(顆粒状角膜変性)〜ICL近視矯正術水晶体再建術(両眼同日を含む)〜出張手術(笠間眼科)。
皆さん経過良好です。

ドライアイ治療としては初となる鼻腔内スプレーバレニクリンvarenicline,Oyster Point社)がFDAへ承認申請されました。Phase2・3ともに結果は良好なため,米国では秋頃には承認される可能性が高いようです。
バレニクニンは副交感神経刺激薬(選択的ニコチン性アセチルコリン受容体アゴニスト)で,鼻腔内の三叉神経を活性化(副交感神経系を刺激)させ,自然な涙液の生成を促進し,涙液層の恒常性を回復させるとのこと。

実はこの薬,禁煙補助の内服薬(商品名:チャンピックス)として日本でも以前から販売されています。副作用としての抑うつ(自殺企図)が危惧されますが,鼻腔内スプレーでは血中濃度がかなり低くなるため,全身的副作用の発症頻度は低いということなのでしょうね。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ