レーシック・ICL(フェイキックIOL)」カテゴリーアーカイブ

Pachychoroid neovasculopathy(PNV)

先週は,硝子体茎離断術(Total RRD・DR-ERM)〜水晶体再建術(FineVision Triumf3焦点EDOF・PanOptix3焦点・EDOF toric・LASIK後を含む)〜出張手術(二の宮眼科)。
今週は,レーシックICL近視矯正手術〜水晶体再建術(FineVision Triumf3焦点EDOF・PanOptix3焦点・EDOF toric・無硝子体眼を含む)〜眼瞼内反手術〜出張手術(笠間眼科)。
皆さん経過良好です。

週末は製薬会社主催のAMDフォーラムに出席するため,椿山荘へ。
網膜専門医およそ50名弱限定の招待にてかなりclosedな会合。
広義AMD(加齢黄斑変性)の前駆病変について。
・pachychoroid = 脈絡膜の肥厚
・CSC(中心性漿液性脈絡網膜症)長期経過 → type Ⅰ CNV発症例あり
PPEpachychoroid pigment epitheliopathy)= 脈絡膜が肥厚し,色素上皮異常も認められるが,CSCのような網膜下液を認めない
PNVpachychoroid neovasculopathy)= 肥厚した脈絡膜や拡張した脈絡膜血管に発生するtype Ⅰ CNV

Drusen → AMD(RAPを含む)
② Pachychoroid → CSC または PPE → PNV → PCV(ポリープ状脈絡膜血管症)
となり,AMDとPCVではそもそも発生が異なる。

古典的AMDが大半を占める欧米に対し,日本を含めアジアではPCVがAMDを凌駕しています。PCVは再発しやすく,網膜下に突然の大出血を伴うこともしばしば。来年にはさらに強力な抗VEGF薬が登場する予定であり,このPCVに対する効果が期待されています。
Pachychoroid関連疾患に関する知見をupdateでき,とても有意義な会合でした。

   
ホタル見学に来ることは間々あるものの,椿山荘の宿泊は旧フォーシーズンズ以来。
早朝からマイナスイオンたっぷりの庭園を散策。
今も昔も変わらぬ静寂とホスピタリティはさすが!

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

PanOptix

先々週は, レーシック水晶体再建術(両眼同日・二焦点・EDOFを含む)〜眼瞼内反手術〜出張手術(二の宮眼科)
先週は, ICL近視矯正手術〜硝子体茎離断術(PDR-VH)〜水晶体再建術(両眼同日・二焦点を含む)〜出張手術(鉾田病院)
先週は,水晶体再建術(両眼同日・LASIK後・2焦点・EDOFを含む)。
皆さん経過良好です!

週末は臨眼にて京都へ。
・Surgical retinaのsession。CRAOに対しdisc上にてt-PA動脈内注入…素晴らしいとは思いますが,リスクが高く,一般には普及しないでしょうね。
・最新の医療機器なども色々と拝見。光眼軸がついた前眼部三次元OCT(アンテリオン),精度も全く問題ないようです。All in oneの時代。
・国内初のEDOF(焦点深度拡張)型コンタクトが登場するも,まだまだ改良の余地あり。
・ICL挿入後10年以上経過し,白内障手術時に摘出したICLの電子顕微鏡精査。摘出ICLに混濁は全く認められず,素材であるコラマー(HEMAを主成分とする含水性ポリマー)の生体安定性が改めて実証。
PanOptix(アルコン社)が3焦点IOLとしては本邦で初めて本年2月に認可され,臨眼期間中の10/25(金)に国内販売が正式開始。26(土)夜はHYATT REGENCYでの発売記念レセプションに参加。先進医療適応のため,PanOptixのプチバブルが到来するでしょうが,先進医療がいつまで続くかの答えはまだ見えず…。

金土は,朝から晩まで,最新の情報・医療機器など大変勉強になりました。
日曜は早朝からJSCRSの会議に出席し,終了後すぐに帰路へ。
今年3度目の京都,また12月にも行く予定です!

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

Preperimetric glaucoma(PPG・前視野緑内障)

今週は, 硝子体茎離断術(近視性網膜分離(MHRD合併)・BRVO-VH・AMD-VH)〜水晶体再建術(EDOFを含む)〜出張手術(笠間眼科)
皆さん経過良好です!

昨夜は某緑内障点眼薬の発売3周年記念講演会に出席。
前視野緑内障preperimetric glaucoma・PPG)〜早期緑内障の黄斑部OCT
⇒Temporal raphe signの有用性を改めて再確認
・PPGの50%は15年で早期緑内障へ発展
⇒つまり50%は緑内障にならないという事実…..経過観察が非常に重要!
・緑内障術後のischemic blebにおける細菌性眼内炎の数例報告
⇒私は積極的に濾過手術や流出路再建術を行っていますが,少しischemicくらいでないといずれ眼圧が再上昇してくることがあるため,あえてischemic blebとする症例も少なくありません。多少のoozingはあったとしても緑内障術後眼内炎など起きた経験はなく,頻発するものではないはずなのですが…..なぜそんなに量産…?


やっぱり朝食はブッフェよりも和食…笑。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

開院6周年

先々週: ICL近視矯正手術水晶体再建術(2焦点・3焦点を含む)〜出張手術(二の宮眼科)
先週: レーシック硝子体茎離断術(黄斑円孔・DR-VH)〜水晶体再建術(EDOF・2焦点を含む)〜出張手術(鉾田病院)

早いもので,明日で開院6周年
診察券番号41482のユニークIDを本日発行し,開院後6年間で4万1千人強の新規患者様にご来院頂いたことになります。受診されたすべての患者様、そしてスタッフに日々感謝です。

昨日は早朝からゴルフ。気が置けない旧友と語らい,気分もリフレッシュ。

今後も引き続き,個別化屈折矯正手技ISEE治療レーシックICLオルソケラトロジー)〜三焦点EDOFプレミアム白内障手術硝子体手術(MIVS)〜緑内障手術(MIGS)〜眼瞼下垂手術斜視手術抗VEGF療法など,最先端かつ最良のテーラーメイド医療を提供し続けます!

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

多焦点眼内レンズの多施設前向き研究

先週: レーシック水晶体再建術(EDOFを含む)〜出張手術(笠間眼科)
今週: レーシック水晶体再建術(三焦点を含む)〜出張手術(笠間眼科)
皆さん経過良好です!

本邦における多焦点眼内レンズの多施設前向き研究の結果です!
Am J Ophthalmol 208:134–144, 2019
2-1

解析対象:871症例,1,384眼(当院の症例を含む)
術後満足度:96.1%が満足
IOL type別:EDOFと二焦点とで満足度に差はなし
詳細はこちら(PubMed もしくは American Journal of Ophthalmology)をご参照下さい。

この連休は医師会の研修会にて横浜へ。
従業員の労働衛生5管理総論(作業管理・作業環境管理・健康管理・総括管理・労働衛生教育)
その他各論(有害業務管理)などなど…本日7時間の座学…。

夜はベイシェラトンの「彩龍」にて会食。
 
美味しすぎて,デザート以外の写真を撮り忘れ…。

明日も7時間の座学….ZZzzz…。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ