月別アーカイブ: 2017年3月

モバイル CXL

今週水曜はレーシック
木曜は緑内障手術Experss・エクスプレス挿入術)。
金曜は硝子体茎離断術(黄斑前膜)〜水晶体再建術
皆さん経過良好です!
来週水曜は硝子体茎離断術(黄斑前膜)〜水晶体再建術結膜腫瘍切除術。
木曜は、水晶体再建術翼状片手術〜眼瞼下垂手術〜眼瞼皮膚弛緩手術、の予定。

本日は最新のCXLcorneal collagen cross-linking)について。

CXL角膜クロスリンキング)は、リボフラビン(ビタミンB2)を含ませた角膜に紫外線(UV-A)をあてることで、角膜の強度を増して角膜の前方突出を防ぐ手法です。進行性の円錐角膜に対する有効性は海外にて実証されており、2016年4月にFDAで承認。国内PMDAではまだ未承認ですが、世界中にて急速に普及しつつあります。
2003年に初めて報告されたCXLの原法は、角膜上皮を取り除き(Epi-off)、リボフラビンを浸透させて紫外線を30分間照射する方法(conventional CXL)で、最初に提唱したドレスデン大学の名前をとって、ドレスデン・プロトコールと呼ばれています。角膜上皮を取り除かずにリボフラビンを角膜に浸透させて紫外線を照射する方法(Epi-on)や、高出力の紫外線を用いることで照射時間を短縮させる方法(accelerated CXL)も登場しています。

近視の進行予防を目的として、角膜でなく強膜へのCXLは有効との海外報告もあります。しかし健常眼への照射は倫理的に問題があり、ただの近視に対してはおそらく普及しないでしょう。

さらに、正確な因果関係はまだ不明であるものの、CXLが感染性角膜潰瘍に対しても有効であると報告され始めています。通常のCXLと目的を区別するため、PACKCXLPhotoactivated Chromophore for Keratitis-Corneal Collagen Cross-Linking)と呼ばれます。あくまで治療抵抗性の難治症例に限ってのものですが、治療の選択肢が増えることは喜ばしい限りですね。

CXLにおける紫外線照射機器は複数ありますが、いずれも比較的大きく、またオペ室にて仰臥位での治療を行う必要があります。
ところが近年、診察室にて座位での治療が可能な装置が登場しました( C-Eye Device、EMAGine AG、Switzerland)。どこの眼科でもあるスリットランプ(診察室にて眼を診察する器械)にアタッチメントとして装着するだけの、とてもシンプルで小さな器械です。
数分間スリット台に顎をのせるだけで施術終了!
CEマークは2017年に取得予定。FDAは勿論未承認であるため、国内承認はほど遠いと考えられますが、将来的には診察室での治療が当たり前となると思われます。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

烏兎匆匆

火曜には筑波西武が閉店し、入口に板が打ち付けられ、すでに過去の遺物。なくなるのはあっという間ですね。閉店日には開店前から並び、お花を頂いて入店。朝からものすごい人出でした!
やや年輩の店員さんに「普段からこのくらいお客さんが来ていたら閉店なんてことにはならなかったでしょうね〜」と呟くと、「そうですね〜……でもこんなに来なくてもいいですかね〜、これだと体が持たないと思います」と笑顔での返答。目の前の接客に追われつつも、長年勤務した自負からの達成感がにじみ出ていました。

一方で、先週末に圏央道のつくば中央〜境古河区間が開通。成田から関越方面に向かう方にとっては、都心を通らなくて済むという大きなメリットがあります。
私的には、信州関越方面の温泉・スキーが行きやすくなる〜、と思っていたのですが……ハイウェイナビでシミュレーションしてみると、早朝の関越下り方面は外環の方が早いとの結果…えっ?
思慮が浅かったようで、夜間早朝に限っては片側一車線の圏央道より片側二車線の外環の方が断然早いんですねー。
所沢付近の上り渋滞回避には有用だとは思われ、帰路を夕刻でシミュレーションしてみると、15分程度の時短で圏央道に軍配!
時間帯によって結果は大きく異なるということでしょうか。

今日は市内でランチ。

ジブリの世界に迷い込んだようなお洒落なお店で、パスタも美味しかったです🎶

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ