緑内障」カテゴリーアーカイブ

介護認定審査

先々週は,レーシックPTK(帯状角膜変性)〜水晶体再建術結膜囊部分形成術(眼窩脂肪脱)。
先週は,ICL近視矯正術硝子体茎離断術(黄斑前膜)〜水晶体再建術(連続焦点IOLを含む)〜出張手術(笠間眼科)。
今週は,レーシック×6〜ICL近視矯正術PTK治療的表層角膜切除術×2(顆粒状角膜変性)〜硝子体茎離断術(黄斑前膜)〜iStent inject 挿入術(緑内障)〜水晶体再建術(連続焦点IOL・両眼同日を含む)〜眼瞼下垂手術〜出張手術(鉾田病院)。
皆さん経過良好です。

4月から新しいスタッフが2名加わり,院内の雰囲気がリフレッシュ。今月下旬にはさらにもう1名加わる予定です♪ 先週末,大阪国際会議場にて日本眼科学会総会が開催。Live配信を予定していた多くの講演が後日オンデマンド配信に変更…..まあ当然ですね。すでに第4波が始まったようで,新年度早々に雲行きが怪しい感じですが,withコロナで頑張るのみ!

今年度からつくば市介護認定審査委員を委嘱され,今週月曜に初回の審査会に参加しました。眼科でも主治医意見書を作成することがあり,介護認定は今後ますます重要となります。基準時間・一次認定・二次認定など,介護認定の仕組みを基本から勉強してから臨みましたが,この会合は極めてessentialであり,改めて重責を痛感しました。
ちなみに….茨城県の65歳以上の要支援・要介護認定率は15.4%(全国平均 18.5%)で,全国で最も低いようです。介護認定を受けることを恥ずかしいことと捉えてしまう気質があるのか,要支援の段階で申請すること自体が周知されていない(申請できることを重症になってから初めて知る)のか,あるいはこのどちらもなのか….理由ははっきりとはわからないようです。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

5焦点眼内レンズ(Intensity lens)導入

明けましておめでとうございます。
Withコロナの年明け早々,今週は,レーシック×6〜iStent inject 挿入術(緑内障)〜エクスプレス 挿入術(緑内障・白内障同時手術)〜水晶体再建術(3焦点・LASIK後を含む)〜重瞼術(睫毛内反)。
皆さん経過良好です。

世界初の5焦点眼内レンズ(Intensity lens:Hanita社)を導入しました!


中間距離(80cm)を基準に同程度の光エネルギー配分 ⇒ 幅広い焦点域(5焦点)の実現。


緻密なレンズ構造: ステップの幅や高さは中心から周辺に向かって変化し,瞳孔径に応じて最適な配分。
高い光透過率: 他の代表的な3焦点眼内レンズと比較し,エネルギーロスが最も少ない。


瞳孔径による光配分の変化:瞳孔径が大きくなっても,中間距離と近方の比率はあまり変わらない。

独自のDynamic Light Utilization(DLU)technologyにより,光効率が最大化,また瞳孔径ごとの光エネルギー配分も最適化され,新世代の多焦点眼内レンズといえます。
焦点は遠方・遠中・中間・中近・近方(40cm)の計5焦点で,全距離において視力の落ち込みの妥協なし。グレア・ハローの出現も最小限で,コントラスト感度も良好であり,日常のあらゆる活動をカバー可能です。
実臨床で患者さんの自覚に有意差があるかどうかは何とも言えませんが,現時点においては世界最先端の眼内レンズといえます。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

iStent inject W(低侵襲緑内障手術:MIGS)

先々週は,ICL近視矯正手術(海外LASIK後)〜硝子体茎離断術(×3:増殖性硝子体網膜症・黄斑前膜×2)〜iStent inject 挿入術(緑内障)〜水晶体再建術(EDOFを含む)〜出張手術(笠間眼科)。
先週は,硝子体茎離断術(裂孔原性網膜剥離)〜iStent inject 挿入術(緑内障×2)〜エクスプレス挿入術(落屑緑内障)〜水晶体再建術(両眼同日×3を含む)〜出張手術(鉾田病院)。
今週は,レーシック×6〜iStent inject 挿入術(緑内障)〜水晶体再建術前後転術(先天内斜視)〜翼状片切除術。
皆さん経過良好です。

MIGS device について度々紹介していますが,その最たるは iStent(Glaukos社)です。この旧 iStent がさらに極小化・低侵襲化した iStent inject(最大長 360um)が2019年10月に国内承認され,承認から遅れること約1年,2020年10月にようやく発売・使用可能となりました。
当院でも早速導入し,皆さん想定通りの眼圧下降効果が得られています。
    

5年前に掲載した microshunt(ab externo)も2020年7月にFDAに承認申請されており,近々に承認される見通し。MIGS全盛時代ですね。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

巣ごもり

先週は,エクスプレス挿入術(落屑緑内障)〜水晶体再建術(3焦点を含む)〜出張手術(笠間眼科)。
今週は,レーシック×6〜PTK(帯状角膜変性)〜硝子体茎離断術(黄斑前膜)〜エクスプレス挿入術(OAG)〜水晶体再建術(両眼同日を含む)〜出張手術(鉾田病院)。
皆さん経過良好です。

コロナ禍とはいえ,手術が必要な新規重症患者が減るはずもなく,週明けには網膜剥離の準緊急オペの予定。
当院の手術件数は,先月も今月も前年同期より多く,年々増加傾向にあります!

昨日からの2週間(11/28〜12/13),つくば市では不要不急の外出自粛要請が出されました。
週末は家に籠もり,秋のweb臨床眼科学会をオンデマンド拝聴。
通常開催では絶対に不可能ですが,興味のある講演に限り,ほぼ制覇!

問題は器械展示です。展示会場で各ブースにコンパニオンが配置されたりと盛大な時期もありましたが,時勢なのか派手な演出は年々縮小傾向で,経費削減は歓迎されるべきですね。しかし,器械展示自体が全く開催されないと本当に困った事態になります。
通常開催ではあらゆる最新医療機器の操作体験が可能ですが,web学会ではこれが完全不能。医療機器は日進月歩で,眼科検査器械は殊に高額。新車購入の際,Bugatti ChironKoenigsegg Regeraなどは別として(笑),通常は試乗してから契約のサインをしますよね? 車の試乗は近くのディーラーで可能ですが,高額器械のデモはどのメーカーも国内数ヵ所の常設展示場のみで,首都圏では当然ながら都内のみ。興味のあるメーカーに器械のデモを自ら予約し,各常設展示場に出向かなければなりません。1〜2ヵ所で丸1日を要しますし,そもそもメーカー展示場訪問自体が急用なのか?という問題もあり,本当に困ったものです。

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ

つくばワイン

先々週は,レーシック硝子体茎離断術(増殖糖尿病網膜症・黄斑円孔・黄斑前膜)〜水晶体再建術(両眼同日・3焦点トーリックを含む)〜睫毛内反手術〜出張手術(鉾田病院)。
先週は,ICL近視矯正手術〜硝子体茎離断術(BRVO-VH)〜水晶体再建術(3焦点を含む)。
今週は,硝子体茎離断術(増殖糖尿病網膜症・黄斑前膜)〜水晶体再建術〜出張手術(二の宮眼科)。
皆さん経過良好です。

週末は筑波山へ。小学校低学年の遠足以来なので,およそ40年ぶり。
近場で紅葉狩りを,と思いましたが,まだ少し早かったようです。
ロープウェイ→徒歩10分で山頂→帰路もロープウェイ….登山ではありませんね(笑)。
近いとあまり行かないものですが,天候にも恵まれ,山頂はとても爽快でした。

そして,葡萄畑が広がるつくばワイナリーへ。
2019年からはここで醸造もしているとの説明を受け,赤を試し買い。
品種は「富士の夢(メルロー×山ぶどう)」とのことで,初耳です。
飲んでびっくり! フルボディに近い濃厚色で芳醇,でも苦みは少なく飲みやすく,お勧めです!
最近は,椀子オムニス城の平オルトゥスのように本場と互角と評される和製ワインも登場しています。つくばの地でぶどう栽培から美味しいワイン醸造まで出来てしまうとは,相当な企業努力なのでしょうね。
次は白にもトライしてみましょう♪

サトウ眼科 ホームページ
サトウ眼科 院長(佐藤正樹)ブログ 本日も視界良好!のトップページ